バンドルカードとは

ビットコインチャージが出来るバンドルカード

コインチェックと株式会社カンムにより、国内で初となるビットコインをチャージできるVISAプリペイドカード「バンドルカード」です

日本全国のVISAカード加盟店のお店で普通のクレジットカード(デビットカード)と同じように使えます

2017年現在では、ビットコインは円(JPY)に換えた時点で課税されるので、ビットコインで購入を決済すれば課税はされません。

利確すればたっぷり税金をとられるほどの含み益がある方は、バンドルカードを使用する事で、非課税のまま、全国のVISA取扱店で買い物が出来ます

バンドルカードのバーチャルカードとリアルカード

バンドルカードは、ネットでもリアルのお店でも使えるリアルカードネット専用のバーチャルカード(アプリ)の2つのカードから選択できます

アプリの方だと電話番号、生年月日のみですぐに発行され、アプリのカード発行は無料。プラスチックカードの発行は300円です

バンドルカードの手数料

支払い手数料:0円

チャージ手数料:0円

年会費:0円

バーチャルカード発行費用:0円

プラスチックカード発行費用:300円

口座維持費:4ヶ月以上利用がない場合は月100円

退会費用:0円(残高はなくなります)

4ヶ月間チャージも使用をしなかった時のみ、口座維持費がかかりますが、その間にコンビニなどで1回でも利用すれば無料で持ち続けられます

バンドルカードのチャージ上限

バンドルカードは、残高10万円までチャージできます。また下記のように限度額が決められていて、これは不正利用リスクを軽減するために設定されています。

月間のチャージ上限額:12万円

全チャージ上限額:100万円

1回のチャージ上限額:3万円

残高上限額:10万円

月間のチャージ上限額とは、1ヶ月にチャージできる金額の上限の事です

全チャージ上限額とは、このカードに累計でチャージできる金額の上限の事です

1回のチャージ上限額とは、1回あたりにチャージできる上限の事です

残高上限額とは、カードの保有できる残高の上限の事です

全チャージ上限額に近づいた場合は、カードを再発行することで続けて利用でき、残高及び利用履歴は次のカードに引き継がれます





バンドルカードはトレードで増えたビットコインをチャージでき、チャージ分は2017年現在では非課税で使えると言う事が最も大きなメリットだと思います

ちょっとでも税金を安くと思っている方には、とても便利でお得なカードではないでしょうか

ビットコインをチャージするには、コインチェックに登録しないと出来ません

コインチェックの登録方法はこちら