ビットコインは税金がかかるの?

ビットコインの税金

ビットコインに税金がかかるのか、またいくらかかるのか気になる人も多いと思います

「資金決済に関する法律」の改正が成立し、貨幣の機能を持つものとして、公的な決済手段の一つであると位置づけられました。

なのでビットコインなどの仮想通貨は、資金決済法により財産的価値があると認められました。

金などと同じようなモノ扱いとなっていて取引によって利益を得た場合には所得税が発生します

ビットコインの税金はいくらかかる?

ビットコインなどの売買利益は、総合課税の累進税率が適用され、給料などの所得と合算して税額を計算されます。

例えばサラリーマンの方だったらビットコインなどの売買利益が年間で20万円を超えたら雑所得として確定申告をしなければいけません。

※20万円の控除があるのは以下の場合のみです

1.年末調整を行っていること
2.年収が2000万円未満であること(2000万円以上は年末調整できない)
3.給与所得・退職所得以外の合計額が20万円以下
4.2か所以上で給料をもらっている場合は、従たる給与とその他所得の合計額が20万円以下

会社員以外のフリーランスや個人事業主は20万円ルールの対象外です


仮想通貨の利益の税率

利益 所得税 住民税 課税控除額
195万円以下 5% 10% 0円
95万円~330万円以下 10% 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 10% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 10% 636,000円
900万円~1800万円以下 33% 10% 1,536,000円
1800万円~4000万円以下 40% 10% 2,796,000円
4000万円以上 45% 10% 4,796,000円

累進税率で計算されますので、儲けが大きいほど税率が大きくなります。
900万以上の利益になれば4割~5割は税金を払う事になります

ビットコインって税金払わなくてもバレない?

2017年はビットコインやアルトコインで億単位の金額を儲けた人が沢山います

そのまま仮想通貨で持っていれば、税金は発生しませんが、売却をし利益確定をすれば、その時点で税金は発生します

国税局も、数億・数千万と儲けた人のリストを把握しているようですので、脱税は出来ません。脱税をして、後からバレて追徴課税を課せられると、儲け分ほとんど持っていかれます

FXの時のように、申告分離課税として一律20.315%(所得税15.315%・住民税5%)に仮想通貨の税金もなってくれればと切に願います