リップルコイン(Ripple coin)はビットコインの次に代表的な仮想通貨で、ビットコインなどの他の仮想通貨は運営元が存在しない事が多いですが、リップルコイン(Ripple coin)の開発と運営はアメリカシリコンバレーのRipple Labs,Inc.(リップルラボ株式会社)が行っています。

またリップルコインには、ビットコインにはないメリットがあります。ビットコインのに比べて決済スピードが速くスムーズ。また価格の変動が安定しているなどが一番の特徴ではないでしょうか

金融商品間の取引に仲介通貨を使うことで、やり取りをスムーズにし、簡略化しようという試みがリップルの決済システムです。

例えば日本からアメリカに送金をする場合、日本円から米ドルに変換して決済する必要があります。変換作業は、銀行などの金融機関が行っているのですが、日本円や米ドルなどであればすぐに変換することができます。

ですがマイナーな国の通貨だとすぐに変換することはできず、処理をするのに時間と手間がかかります。そのような手間がかかる送金時の手続きを共通の「仲介用の通貨」を使うことで簡略化しようという試みがリップルの決済システムになります。

こちらの動画はわかりやすく説明されています



実際にはリップルというのは仮想通貨ではなく金融商品の決済や送金システムの事です。このリップルというシステムの中で、仲介通貨として使用されるのが【XRP】という仮想通貨です。このXRPのことがリップルと呼ばれています。

リップルのIOU取引の詳細

リップルの大きな特徴として、IOU取引であるということが挙げられます。IOUとは「I owe you」(私はあなたに借りがある)の略で、実際には通貨というよりも、借用書のやりとりをするイメージです

ユーザーから資産(ビットコイン、円、ドルなど)を預かると、それに対応するIOUを発行します。このIOUをゲートウェイで変換することで、そのIOUに対応した資金を受け取ることができます。

借用書は通常、借りた側と貸した側の間で成立するものですが、リップルは「リップルというネットワークシステムに参画しているユーザー同士」であれば、リップルという借用書によってお金のやりとりが可能になります。

ビットコインなどの場合は、オフラインウォレットで保管出来るので、取引所がハッキングにあったり破綻したりする際にも全てが消えるということは少ないと思いますが、

リップルは、自分がリップルを預けている場所が、ハッキングや破産などによって、リップルネットワークシステムから抜けるということが起こればその借用書は「無価値」になってしまいます。リップルを長期保管するのは非常にリスクが高くなってしまいます

リップルが取引出来る取引所

リップルの取引には取引所選びが最も重要です。リップルをやり取りする取引所は、信頼のおける取引所にしないといけません。

下記のコインチェックは日本でも代表的な仮想通貨取引所です。安心して取引出来ます

コインチェック【Coincheck】

コインチェックの詳細はこちら